【告知】10/26に第7回セミナー開催。愛媛県肱川のダム緊急放流裁判について取り上げます。

10月26日(金)19時より、第7回オンラインセミナーを開催します。
参加無料、Zoomによるオンライン開催。

今回のテーマは、愛媛県西部を流れる「肱川(ひじかわ)」の2つのダム。

肱川には、利水や治水を目的とした野村ダム、鹿野川ダムという2つのダムがあります。
2018年7月の西日本豪雨では、自治体が避難指示を出した直後に2つのダムが相次いで緊急放流。ダム下流の西伊予市、大洲市で大規模な氾濫が発生し、9名もの尊い命が失われました。

現在、犠牲者の遺族や被災者は、地元自治体と国を相手に、ダム緊急放流による被害拡大を求める訴訟を起こしています。

「命を守るため」だったはずのダムが、なぜ命を奪うことになったのか。遺族と裁判支援者をゲストに迎え、お話を伺います。

セミナー案内はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です