【連続オンラインセミナー】

気候危機と水害:ダムで暮らしは守れるか?

 近年、毎年のように起きる豪雨災害。想定を超える雨量や被害を受けて、国はこれまでの治水政策を見直すのではなく、熊本県の川辺川ダム計画のように、中止したダム計画の復活が各地で相次いでいます。
 長崎県の数十人が暮らしている土地を強制収用しようとしている石木ダム問題、群馬県の計画から60年以上経って完成したもののその効果や影響が問題視されている八ッ場(やんば)ダム問題など、今、ダムの公益性や功罪が改めて問われています。
 予想できない水害が頻発する中、ダムで暮らしは守れるのでしょうか?
 このオンラインセミナーでは、流域の川と人の暮らしを見続けてきた女性たちに、地域の暮らしと川、洪水についてお話を伺い、これからの私たちの暮らしとこれからの川のあり方について考えます。

  • 話し手はすべて女性。独自の視点でアプローチします。
  • 気候変動と水害、全国で今注目されている川づくりとダム問題(熊本県球磨川・川辺川ダム、長崎県石木ダム、群馬県八ッ場ダムなど)を概観します。

第6回 八ッ場ダムが洪水防止?
~2019年、一日で満水となったダムはなぜ完成に68年もかかったのか~

第5回 この川にダムはいらない
~生きものの宝庫 石木川とこうばるの暮らし~

  • 日時:2021年5月18日(火)19:00-20:30
  • 話し手:松本 美智恵さん(石木川まもり隊)
  • 詳細 こちら

第4回 川は誰のものか ~命を守る流域治水を考える~

  • 日時:2021年3月23日(火)19:00-21:00
  • 話し手:嘉田 由紀子さん(参議院議員、元滋賀県知事)
  • 詳細 こちら

第3回
川と共に生きる ~7月4日球磨川水害を超えて~

  • 日時:2021年3月2日(火)19:00-20:30
  • 話し手:堀尾 里美さん(人吉旅館女将)
  • 詳細 こちら

第2回
川と地域社会 ~焼畑と子守唄の山村が歩んだ100年~

  • 日時:2021年2月25日(木)19:00-20:30
  • 話し手:寺嶋 悠さん、黒川 麻里子さん(五木村議)
  • 詳細 こちら

第1回
川と人びとの暮らし ~球磨川・川辺川の過去・現在・未来を考える~

  • 日時:2021年2月15日(月)19:00-20:30
  • 話し手:つる詳子さん(豊かな球磨川をとりもどす会)
  • 詳細 こちら